天津青春朝焼物語

パソコン苦手、ブログって何?の超初心者が始めた、極めて私的な単純日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アルコール

365日、ほとんど休肝日のない私、桜島。
ここ天津で生活していても、アルコールのない生活なんて考えられない!

私のよく飲むアルコールはウイスキーと芋焼酎。
どちらも重たい思いをしてわざわざ日本から持ってきたもの。
でも、モノには限りがあるもの。いつかは日本から持ち込んだアルコールもなくなるので、こっちで調達しなければなりません。

で、最近良く飲むのはこれ(↓)。
P1000204.jpg
今まであまり飲んだことはなかったけど、輸入品の中では安い方なのでお世話になっています。

輸入品のアルコールの値段なんて、どこの店に行っても同じだと勝手に思い込んでいました。
ところが、間違っていました。
お店によって40元(約600円)もの差があることを発見。
40元の差はすごく大きい!
ただでさえ“エンゲル係数”ならぬ、“サケノミ係数”の高い桜島にとっては大問題です。

もっと調査してから買えばよかったー、と反省する今日この頃でした。
  1. 2006/10/06(金) 21:30:09|
  2. 食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

たまには方便面なんてどうでしょう?!

日本で、お金がないときによく食べていた即席麺。
日本で生まれた即席麺ですが、即席麺は今や世界食ですから、ここ中国にも当然あります。

即席麺は中国語で『方便面』と言います。
今回は私の数少ない経験の中でおいしいと思った方便面(カップタイプに限って)を紹介しましょう。

まずは中国の方便面の代名詞とも言うべき、頂益国際集団の康師傅ブランド。
これ(↓)は、駅や空港で良く見かける『珍品シリーズ(数種類あり)』の中の代表選手である紅焼牛肉面。
P1000192.jpg
日本の即席麺消費量は約50億食/年弱ですが、この『珍品シリーズ』は袋麺も合わせると日本の即席麺消費量とほぼ同量売れており、中国方便面のNO.1商品です。
私の好きな紅焼牛肉面は、中国独特の『五香(5種類の香辛料)』の風味が限りなく弱く、日本にはない、新鮮でおいしい牛肉風味の麺です。
他の方便面メーカーでも紅焼牛肉味はありますが、私は五香風味の少ない康師傅の紅焼牛肉面が一番好きで、飲み会の後に小腹が空いた時はよく食べてます。

これ(↓)は、同じく康師傅の『面霸垃面』。
P1000193.jpg
先ほどの『珍品シリーズ』より麺質(弾力)を強化した高価格品です。
こちらもいろいろな味のバリエーションがありますが、やはり私が好きなのは紅焼牛肉です。

続いて、こちら(↓)は今や日本でもお馴染みの韓国農心社の『辛垃面』。
P1000188.jpg
もちろん中国製で、味も日本で食べるものとほとんど同じだと思います。

ついでに、これ(↓)は韓国スーパーで売られている本場韓国製の『辛垃面』。
P1000190.jpg
中国製と韓国製を食べ比べてみるのも面白いかもしれません。
輸入品で値段も高いですが、やはり韓国製が良い(弾力がある)!

韓国製をついでにもう一つ、同じく農心社製のこちら(↓)。
P1000184.jpg
ハングル文字なので、何が書いてあるかわかりませんが、食べるといわゆる『牛テールスープ麺』といった感じでしょうか。
これも日本にはない味で、テールスープがとてもおいしかったです。

以上、韓国品も含めて5品紹介させていただきました(メーカーで言うと2社のみですが)。

最後に、まだ方便面を食べたことのない方へ。
日本とは違い、中国の方便面は容器の中にフォークが入っています。
容器を開けるとすぐ気づくと思いますが、お湯を注ぐときは注意しましょう!
  1. 2006/10/01(日) 12:21:23|
  2. 食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

気になってたもの

最近、スーパー等に買い物に行ったとき、ときどき目にしてはちょっと気になってたものがあります。
それは『咖啡可楽』という、コーヒー・コーラー炭酸飲料(↓)。
P1000174.jpg
味は名前のとおり、コーヒーとコーラが混ざった感じ。
感動するほど旨い!とは思いませんでしたが、興味ある方は是非チャレンジしてみてください。

ついでにもう一つ飲料をご紹介しましょう。
最近私が良く飲んでいる康師傅製のNEWレモンティーです(↓)。
P1000177.jpg

以前のタイプ(↓、今もありますが)は甘ったるくて私には受け付けませんでしたが、新しい方は比較的甘さ控えめなので、こちらも興味ある方はご賞味あれ!
P1000176.jpg

  1. 2006/09/10(日) 17:42:21|
  2. 食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

お気に入りの。。。

天津に赴任してきて3年余り。
赴任当初、本場の中華料理は新鮮で且つとても美味しく感じていました。
でも月日が流れると、その中華料理もだんだん飽きてきて、やはり日本料理が一番だと思うようになりました。

天津にも日本料理店がたくさんあり、味こそ北京や上海の日本料理店程ではありませんが、それなりに頑張って営業されております。
数ある日本料理店の中で私が良く行くところは『龍居』です。
天津の広告雑誌『JIN』にはまだ掲載されていないので、知らない方も多いと思います。

P1000147.jpg

住所:南開区の士英路×博彩道付近(グッドラックスーパーの隣) → 博彩道を水上公园の方に向かうと同じく日本料理店の『千登世』があります。

他の日本料理店に比べて格段に味が良いという訳ではありませんが、値段と味から判断するとリーズナブルな店という感じです。
料理についてはどれも平均的です(曖昧な書き方ですが)。
私の会社の日本人スタッフも、この地区周辺では『龍居』が一番良いと言って、しばしば利用しています。
『龍居』に入ると、それぞれ今年と来年に結婚を控えた2人の服務員が温かく迎えてくれます。

『龍居』にまだ行かれてない方、私のお気に入りの『龍居』へ是非足を運んでみてください。

あっ、注意点が一つ。
この店での食べ放題コースはご遠慮ください!(料理、酒共にグレードが下がり、評価が落ちます)
  1. 2006/09/03(日) 21:49:49|
  2. 食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日はちょっと真面目なお話。

職業柄、中国の食品の成分等を気にする桜島。
ということで、今回は料理で良く使う食用油についてのご紹介。

中国は日本と違って資源の豊富な国ですから、食用油の種類も豊富です(ただし、大豆油の原料はほとんど輸入ですが)。
スーパーで良く目にするのは大豆油や落花生油ですね。
他にもひまわり油やコーン油、オリーブ油等があります。

いろんな原料の食用油がありますが、それぞれの違いは食用油を構成する脂肪酸と言われるものの種類や量が異なることです。
日本でも最も健康的とされるのはオリーブ油ですが、なぜオリーブ油が良いか?
それはオレイン酸という脂肪酸が食用油の中で最も多いからです。
でも、毎回の料理でオリーブ油を使うのは非経済的ですので、安価な食用油を使うのが一般的ですね。
日本で一般的に使用されるのはカノーラ(キャノーラ)油という食用油です。
カノーラ油は比較的オレイン酸が豊富で、脂肪酸の種類のバランスが良いので、最もポピュラーな食用油です。

そこで、中国にそのカノーラ油があるか?
ありました!
今年になってからようやくスーパーに並ぶようになりました。
P1000137.jpg

これは我が家でも使っている食用油です(上海佳格食品有限公司製、100%芥花油 CANOLA OIL)。
あと、食用油を選ぶポイントは酸化防止剤といわれるものと、遺伝子組み換え品であるかどうかですね。
日本で酸化防止剤といえばビタミンE(維生素E)ですが、中国ではTBHQという化学合成品が添加されている食用油(大豆油や落花生油に多い)があります。
このTBHQは日本では使用禁止されいてるものなので(ただし欧米では使用可)、あくまで日本の基準にこだわりたい方は注意してください。
あと、遺伝子組み換え品が気になる方へ。
『絶不含轉基因成份』という文字があれば、それは遺伝子組み換え品でないという意味ですので安心して購入してください。

ちなみに我が家で使っているカノーラ油は、酸化防止剤はビタミンEを使用、原料は遺伝子組み換え品ではありません。
中国在住の奥様方の参考になれば幸いです。

たまには真面目な一面を見せる桜島の日記でした。
  1. 2006/08/13(日) 22:26:25|
  2. 食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

乾杯!

今年の天津の夏はいつになく雨が多く、湿度が高いので、とにかく蒸し暑く感じる。
だから、当然ビールもよりいっそう美味しく感じ、最近はビールを飲む量も増えているような。。。
我が家で飲むビールは青島ビールではなく、やや高めの韓国(Hite)ビール。
だけど、今日は何を考えたか急にコロナビールが飲みたくなって、スーパーへ買出しに。
P1000143.jpg

若かりし頃、1、2度しか飲んだことのないコロナビール。
裏のラベルを見て、恥ずかしながら、原産国がメキシコだと初めて気付く桜島。
日本で飲んだ時の記憶を蘇らせて、シャレ気付いてライムなんか添えちゃったりして。
さぁ、今宵もクソ暑い天津に乾杯!
  1. 2006/07/30(日) 22:20:29|
  2. 食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ

プロフィール

桜島

Author:桜島
2003年4月より天津在住。
異国の地での平穏無事な生活をただひたすら願い続けていた中、突然ブログを始めることとなり、戸惑いを隠せない今日この頃。

趣味、特技:お酒を飲んで、陽気になること。

天津らんまんズ

天津ブロガー会「天津らんまんズ」

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。