天津青春朝焼物語

パソコン苦手、ブログって何?の超初心者が始めた、極めて私的な単純日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

彼らに負けぬよう。。。

毎年、この時期に行われるスポーツといえば高校野球。
今年の鹿児島県代表は例年とは異なり、初出場の鹿児島工業。
前評判が良かったわけではないが、気がつけば準決勝戦まで勝ち進んだ。

成績もさることながら、私が感心したのは彼らのチームワークの良さと、負け試合でも笑顔でハツラツとして最後までゲームを楽しんでいたこと。

鹿児島県代表として堂々と戦った球児たち。
私は今、中国天津で会社の代表(のつもり)として業務に取り組んでいる。
故郷の球児たちに負けぬよう、私も頑張らなくては!と、気合いを入れなおして明日からの仕事に向かう桜島でした。


スポンサーサイト
  1. 2006/08/20(日) 22:05:32|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はちょっと真面目なお話。

職業柄、中国の食品の成分等を気にする桜島。
ということで、今回は料理で良く使う食用油についてのご紹介。

中国は日本と違って資源の豊富な国ですから、食用油の種類も豊富です(ただし、大豆油の原料はほとんど輸入ですが)。
スーパーで良く目にするのは大豆油や落花生油ですね。
他にもひまわり油やコーン油、オリーブ油等があります。

いろんな原料の食用油がありますが、それぞれの違いは食用油を構成する脂肪酸と言われるものの種類や量が異なることです。
日本でも最も健康的とされるのはオリーブ油ですが、なぜオリーブ油が良いか?
それはオレイン酸という脂肪酸が食用油の中で最も多いからです。
でも、毎回の料理でオリーブ油を使うのは非経済的ですので、安価な食用油を使うのが一般的ですね。
日本で一般的に使用されるのはカノーラ(キャノーラ)油という食用油です。
カノーラ油は比較的オレイン酸が豊富で、脂肪酸の種類のバランスが良いので、最もポピュラーな食用油です。

そこで、中国にそのカノーラ油があるか?
ありました!
今年になってからようやくスーパーに並ぶようになりました。
P1000137.jpg

これは我が家でも使っている食用油です(上海佳格食品有限公司製、100%芥花油 CANOLA OIL)。
あと、食用油を選ぶポイントは酸化防止剤といわれるものと、遺伝子組み換え品であるかどうかですね。
日本で酸化防止剤といえばビタミンE(維生素E)ですが、中国ではTBHQという化学合成品が添加されている食用油(大豆油や落花生油に多い)があります。
このTBHQは日本では使用禁止されいてるものなので(ただし欧米では使用可)、あくまで日本の基準にこだわりたい方は注意してください。
あと、遺伝子組み換え品が気になる方へ。
『絶不含轉基因成份』という文字があれば、それは遺伝子組み換え品でないという意味ですので安心して購入してください。

ちなみに我が家で使っているカノーラ油は、酸化防止剤はビタミンEを使用、原料は遺伝子組み換え品ではありません。
中国在住の奥様方の参考になれば幸いです。

たまには真面目な一面を見せる桜島の日記でした。
  1. 2006/08/13(日) 22:26:25|
  2. 食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

桜島

Author:桜島
2003年4月より天津在住。
異国の地での平穏無事な生活をただひたすら願い続けていた中、突然ブログを始めることとなり、戸惑いを隠せない今日この頃。

趣味、特技:お酒を飲んで、陽気になること。

天津らんまんズ

天津ブロガー会「天津らんまんズ」

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。